予算について

リフォームで何をしようか考えると、あれもしたいこれもしたいと夢が際限なく広がっていきます。

全部叶えられるなら、それほどいいことはありません。

でも、どうしたってお金が必要になってきます。

要望を一つ追加するたびに、費用が加算されていきます。

あれもこれも全部を実現するには、途方も無い費用が必要です。

 

リフォームしたいと思ったら、リフォームにお金をいくら出せるかを把握する必要があります。

貯金と毎月入ってくる給料から、食費などの生活費・住宅ローンや車のローンなどを差し引いた金額を計算します。

さらに、何かあったときに困らないだけの金額も確保しておきます。

リフォームの工事が開始した後に、予定外の工事や家具の購入などで追加費用が必要になることがありがちです。

子供の入学などの予定があるならば、その分の費用も必要です。

 

リフォームの予算を考える時、ぎりぎり生活できるだけの金額を考えてしまいます。

さらに、リフォーム会社と打ち合わせをしていると気が大きくなって、少しぐらいの予算オーバーならいいかなと感じてしまうことがあります。

リフォームして、いい家になっても生活がきつくなってしまったら幸せ感が減ってしまいます。

キッチンをキレイにしても、食費を切り詰めていたらもったいないですよね。

存分に腕をふるえるように、予算は余裕を持って計画しましょう。