いつリフォームをするのか

リフォームをする時期は人それぞれです。

 

まず一つ目は、建物の老朽化を改善する為のリフォーム。

費用を抑えたいならば、外壁の修繕と間取りを変えないで内装の交換をします。

水まわりは古くなると水漏れなど発生しているので、思いきって全交換します。

建物の構造が傷んでいる場合は、補強などが必要になります。

壁などを一度撤去する必要があるので、この場合は費用が高額になります。

思い切って間取りの変更までやってしまうのもよいでしょう。

二つ目が、生活環境の変化に対するリフォーム。

子供が増えたり独立して家を出たりと、そこに住む人数が変化します。

それに伴って部屋が足りなくなったり余ったりするので、リフォームで部屋数を調整します。

間取りを変えることが多いですが、費用を安くする為に間仕切りで部屋を区切るなどの工夫もできます。

 

三つ目が、不満を解消する為のリフォーム。

間取りが使いにくいなどの理由でリフォームをします。