リフォームの種類

リフォームには規模に応じて種類があります。

 

(1)メンテナンス・修繕

家は時間がたつごとに破損や劣化していきます。

放置しておくと水が浸みこんで柱が傷んだり、劣化が大きくなったりして修理に多くの費用が必要になります。

そうなる前に修繕をする必要があります。

素人では気がつきにくいものもあるので、時々はプロに点検してもらうとよいです。

こまめに修繕することで、家を長く使うことができます。

(2)リフォーム

家をキレイに住みやすくします。

気分を変えて生活をリスタートさせることができます。

何をリフォームするかで費用が大幅に変わります。

内装を変える小規模なものから、間取りを変える中規模なもの、外観から全てかえる大規模なものと、目的と予算に合わせて自由に行う事ができます。

 

(3)増築

今の床面積では足りないときに、部屋数を増やす工事です。