一戸建てリフォームについて

一戸建ては木造造りが多く、古くなると土台や柱が傷んできます。

湿気により腐食したり、シロアリの被害などが原因です。

特に風呂場などの水まわりは水漏れなどに配慮して設計されていますが、時の経過と共に水分が床下や壁に浸透して少しずつ腐食させていきます。

特に在来工法で作られた浴室に多く見られます。

またシロアリの被害も多く、普段見る事ができない床下でおこっているので気がつきにくいのが特徴です。

リフォームは多くの場合家の老朽化に対しておこなうので、土台や柱がダメージを負っていることが多いです。

この状態を放置したままリフォームをすることはできません。

近い将来に床を剥がして修繕する必要があるので、リフォームのついでに補強すれば手間が省けるという理由もありますが、腐食が進むと必要な補強工事が大掛かりになってしまい、それだけ費用が多くなります。

後で手当てするよりも、気が付いたときに対処したほうが安くなるのです。

ただし、床下の痛み具合は見積もり段階では分からないことが多いです。

工事を初めて、床を剥がしてからでないと状況を見ることができないからです。

そのため、見積もりや契約書には場合によっては追加費用がかかることが書かれていることが普通です。

その際に、施主に確認を取ってから工事するとも明記されています。

また口頭でも説明されます。

説明が無い場合は、必要がない工事でも勝手に追加して過剰に請求される悪質なケースがあるので注意しましょう。