マンションリフォームについて

マンションは一戸建てとは異なり、構造部分に木材が使用されていないので腐食やシロアリの心配がありません。

マンションのリフォームで注意する点は、変更できる箇所と変更できない箇所があるということです。

変更できない部分は共有スペースといい、ドアの交換や外壁の塗り替え・サッシの交換・バルコニーやべランダに構造物を設置したり外観を変えるなどはできません。

またバルコニーは避難経路となっていることがあり、基本的に大きな荷物を置くことができません。

リフォームに必要な費用は、一戸建てのように柱や土台の補強が必要ないので比較的安くおこなうことができます。

ですが、リフォームに対する規制がマンションごとに決まっていて自由におこなえないことが多いのです。

床材をカーペットからフローリングに変えたり、部屋の間取りを変えたりができるか管理規約を確認する必要があります。

また電気容量の関係から、オール電化が難しいケースもあります。