リフォームの範囲

一口にリフォームと言っても、何をリフォームするかで費用が変わってきます。

家全体をリフォームするか、水周りだけをリフォームするかで必要な金額は大きく差がでます。

家全体のリフォームは家の性能を大幅に向上させることができます。

最近の一戸建て建築では耐震基準などが大幅に見直されており大きな地震がきても耐えられるようになっています。

しかし、古い家屋はゆるい耐震基準で設計されているか、全く考慮されていないのが現状です。

家全体のリフォームでは壁や床を取り除いて新築のような家を造り上げます。

その際に現在の基準に沿った補強を施すことで安全な住宅を手に入れることができます。

家全体のリフォームはこのようなメリットがあります。

部分的なリフォームはこのような補強はできません。

ですが費用は大幅にカットできます。

全部か部分的か、必要性と予算を考慮して決める必要があります。