建て替えとリフォーム

建て替えとリフォームはどちらが費用が掛かるかと問われたら、建て替えと答える人が多いでしょう。

ですのでリフォームを選ぶ人が多いです。

建て替えの場合は元の家を解体して更地にしてから、基礎をつくり家を組み上げます。

全面的なリフォームの場合は、床や壁を解体しますが基礎や柱は残します。

そこから始めますので、その分安くできるのです。

また、法令上建て替えをすると損をする場合があります。

敷地に対する家屋の面積が法令で決められていますが、改正を繰り返していて、新しく家を建てた場合は以前と同じ面積の家を建てることができないことがあります。

家を小さくしたくないなら、リフォームを選択するしかないのです。

 

リフォームの方を選択したいと思っても、それができないケースがあります。

家が建っている地盤が弱い場合、そこで工事をするのは危険が伴います。

その為しっかりと地盤を補強する必要があるのですが、その場合家を取り壊さなければいけません。

結局のところ建て替えを選ばざるおえないのです。

また、家の老朽化が著しい場合は基礎や柱がそのまま使えないこともあり、新築した場合より費用がかかってしまうことがあります。その場合は建替えた方がよいでしょう。

 

今住んでいる家が広いと感じているなら、家を小さくして新築する方が安くなる場合があります。

どうしたら一番よいのか専門の業者に相談するとよいでしょう。