マンションリフォームに必要な書類ってある?

住宅には戸建てとマンションがありますが、最近はリノベーションが注目されて、住んでいる自宅のマンションリフォームのほかにも、中古を購入してマンションリフォームをするのも流行しています。
 新築を購入するよりも手ごろに物件を購入して、浮いた費用で自分好みにカスタマイズすることができます。
 

 このとき、マンションリフォームと戸建のリフォームの違いには注意が必要です。マンションの場合、部屋の中は専有部分といって、自分だけのものですが、エントランスや廊下、部屋の壁などはマンションの各部屋のオーナーが全体で共有しています。壁は建物を支える構造部分になっていることが多く、勝手に改修することはできません。
 壁の中でも、単に間仕切りとして建物の強度に関係ない場合もありますが、それによってリフォームの際に変更ができる場合とできない場合があります。
 そのため、マンションリフォームの前には、管理会社や管理組合に事前に届出て、許可を得る必要があります。

 共有部分を勝手に改修してしまっては大変なので、管理会社や管理組合には、リフォームの際に届け出る所定の書類が用意されているのが一般的です。所定の書式に記入し、図面などの工事関連の書類を添えて提出し、許可が出る前の施工は避けましょう。

 戸建てとの手続きの違いと、届け出による工事スケジュールへの影響もあるので、費用の比較だけでなく、マンションリフォームの経験が豊富な会社を選ぶと安心です。
 届出関係は役所に提出する公的な手続きではないので、書類作成などでは費用を請求されないことが多いです。